0800-1111-683
メールでのお問合せはこちら
 
 

投資比較

高齢化が進むにつれて、年金制度への不安や老後の生活に不安を抱く方が急激に増えています。

そこで、自分の老後を支える年金対策として昔から人気が高いのが不動産投資です。
不動産投資は部屋を借りてくれる人さえいれば毎月安定した家賃収入が入ってきます。

その一方で、最近注目されているのが太陽光発電投資です。土地もセットになった分譲型であれば
自分の土地を所有していなくても太陽光発電所のオーナーになる事ができます。
太陽光発電投資も国の法律によって担保された金額によって毎月安定した売電収入が見込めます。

ここでは太陽光発電投資と不動産投資のそれぞれの特徴について解説します。

  太陽光発電 不動産
初期投資 20,000,000円 20,000,000円
利回り 9~12% 5~8%
収益性
リスク
  • モジュールの劣化
  • 天候の悪化
  • 災害・盗難

モジュールは10年~25年メーカーが保証、その他も保険が付与されていることが多い

  • 空室
  • 建物の老朽化
  • 家賃の下落や滞納
  • 災害

災害などは保険である程度カバーできますが、空室のリスクは収入に直接影響します。

収益源 電力会社 賃借人
メールでのお問い合わせはこちら
PageTop